心理理論

【社会情動的選択性理論】限られた人生を無駄にせずに大切に過ごしたい

社会情動的選択性理論とは 「社会情動的選択性理論」は生涯にわたるモチベーションについてを説いていると言われる理論です。 人生には限りがある、その残り時間は少ないと分かった時どうするのか。 多くの人は、その残りわずかな時間を、もっと...
2020.07.05
心理理論

【投影】抑え込んだ感情を外の世界を通して感じる

投影とは 自分の心の中にある感情や欲望を、他人の中に見出してしまうという理論です。 自分が気になる相手が居るとします。 でも、自分が相手を気にしていることを抑え込もうとすると、その抑制の反動として、相手が自分を好きに違いないという...
2020.07.05
心理理論

【計画的偶発性理論】偶発的な要因を計画的に設計していこう

計画的偶発性理論とは 個人のキャリアのうち、8割は本人の予想しえない偶発的な要因によって決定されています。 その偶発的な要因を計画的に設計してキャリアを良いモノへと変えていこうとする考え方です。
2020.06.17
心理テクニック

【マジックナンバー7±2の法則】人間が一度に把握できる限界数

マジックナンバー7±2の法則とは 人間が瞬間的に記憶できる数字は5つから9つであるという、人間の瞬間的な情報処理能力の平均ならびに限界を示している理論です。 しかし、昨今になって7や9は上限として大きすぎて、5程度が限界だとする理論...
2020.06.17
心理理論

【サイコジオグラフィー】複数人の配置が心理的に与える影響

サイコジオグラフィーとは 複数人が同じ場所に居る場合、どのような配置で人が整列しているのかによって心理的に与える影響のことを言います。 例えば、対面に座るのか、横並びに座るのかで心理的に与える影響は変わります。
2020.06.17
心理理論

【ウィンザー効果】第三者の間接的な情報を信じやすいという心理理論

ウィンザー効果とは 第三者からの間接的に伝わってくる言葉や評判のほうが、より信頼性や信憑性が増すという心理理論です。 ”友達のジョン話法”と同じです。 直接的に伝えられると、どうしても構えて聞いてしまう部分があり、真偽を疑って...
2020.06.17
心理理論

【アンカーリング効果】先に与えられた情報による判断の歪み

アンカーリング効果とは 先に与えられた情報に判断が引っ張られる現象の事をアンカリング効果と言います。 先に与えられた情報が船の錨のような役目を担っている事から、そのようなネーミングが採用されています。 アンカーリング効果の具体的な...
2020.06.15
心理テクニック

【パーミッション】自分自身の心に許可を与える

パーミッションとは パーミッションとは”許可を与える”という意味を持つ英単語であり、実際に、自分自身に許可を与えるというアプローチの事を意味しています。 パーミッションの具体的な説明 僕たちは自分の中にルールを持っています。 そのル...
2020.06.06
心理テクニック

【アファメーション】自分で自分に言い聞かせる肯定的自己暗示

アファメーションとは 自分自身の無意識にある「思い込み」や「信念」と呼ばれる部分を、自分自身にとってよりよいモノへと作りかえるための方法の1つです。 自分にとってふさわしい言葉を、毎日紙に書いたり、毎日言葉にして発することで内面に沁...
2020.06.06
タイトルとURLをコピーしました