パーウル ブラック&ダークを購入したので感想メモ

生活

色物の服、ちゃんと洗いたい

男やもめの選択とはいえ、色あせていく色物の服を見て「あれ?」と思う事があるものです。

色物って、どうしてもシロっぽくなるんだな・・・と思っていたら、どうやら色物専用の洗剤を使うと、色を保ち続ける事ができるそうな。

それなら一度使ってみよう!って事で調べてみると、どうやら色物専用の洗剤があるらしい。中でも「パーウル ブラック&ダーク」の評判がなかなかいい。

早速使ってみたので、その感想メモ。

スポンサーリンク

パーウル ブラック&ダークの概要と感想

パーウル ブラック&ダークの概要

パーウル ブラック&ダークの概要について、amazonより引用をさせて頂きながら紹介させて頂きます。

色落ちが気になる黒い服用の洗剤。ヘンケル社独自の「カラーフィクシング」技術で、黒やダークカラーの衣類の色落ちを防ぎます。

ヨーロッパNO.1メーカー・ヘンケル社

ヘンケル社は、135年以上の歴史をもち、世界中で愛されている、ヨーロッパNO.1のドイツのメーカーです。

世界で初めて合成洗剤を開発した、まさに「洗剤のパイオニア」メーカーです。

創業者のフィリッツ・ヘンケルは、洗濯労働を軽減したいという想いから、世界初の合成洗剤を発売した、まさに洗濯のプロフェッショナルです。

ヨーロッパNO.1ライト洗剤「パーウル」

ファッションにこだわりのあるヨーロッパでは、肌をお手入れするように、衣類も長持ちできるようケアをしています。

外出着のカジュアル化、ファストファッション市場の拡大により、冬でも薄手素材の服を重ね着することで、1年通してお気に入りの服の着まわしが増えています。
またファッション性・機能性の高いスポーツウェアで、通年スポーツライフを楽しむ傾向も高くなっています。

そんなお気に入りの衣類のエイジングケアができる洗剤パーウルで、ヨーロピアンスタイル・ランドリーをご自宅で簡単に楽しんでいただけます。

色あせを防ぐ、色別洗剤!

パーウル ブラック&ダーク

黒い色をずっとキープする、黒・ダーク色用洗剤。大好きな黒のTシャツが色あせてしまい、悲しい思いをした経験はありませんか?

「パーウルブラック&ダーク」は衣類が色あせて見えてしまう原因の’毛羽立ち’を独自技術で防ぎ、黒い色をキープします。

普通の洋服も一緒に洗える!

パーウル ブラック&ダーク、パーウル カラー

着色料は使用していないため、白など他の色の衣類も一緒に洗うことが出来ます。水30Lに対して、約40mlをご使用ください。

パーウル ブラック&ダークのマトリクス的感想

パーウル ブラック&ダークを使ってみた感想をギュッとマトリクス的にまとめるとこうなります。

商品として使い心地として
良かった長く使える色が長持ちしているかも
悪かった容器が大きい匂いが強めかも

このような感じになります。

色物専用と銘打っているだけあって、確かに色物の色が長く持っている気がします。何度洗っても黒いシャツはちゃーんと黒いままです。

難点を言えば、容器が大きめである事と、匂いがシッカリとつくということ。

このあたりを踏まえて、もう少し詳しく書かせてもらいます。

匂いが強くて独特

海外の洗剤の特徴なのかもしれないけど、匂いがかなり独特です。
僕はあまり気にしてませんが、この匂いは好みがハッキリと分かれるだろうな・・・という予感しかしません。

洗濯ものを干していると、屋外からの風でシッカリと匂いを感じ取れるレベルと言えばいいかな。

意外とデカいし長持ち

ボトルがデカい!

日本の製品はコンパクトにコンパクトに・・・という流れがあるが、さすが海外!デカいことこそ正義!とばかりに、ボトルがデカい。

決して嫌いじゃないから良いんだけど、気になる人には気になるかもです。

パーウル ブラック&ダークをリピートしています

今のところ、特に大きな不満はありませんので、これからも使い続けていこうと思っていますが、ずっとこれで良い!と思っているわけではありません。

機会があれば他にも色落ちを防ぐ洗剤を試してみたいと思っています。
特に日本のメーカーのもので。

もっとほのかで柔らかい香りの製品があるなら、そちらを選ぶ方がいいような気がしていますので。

そんな感じで、合格点は超えてるけど、満点まではちょっと遠いかな・・・という感じで使っていく予定です。

色物の洗剤を探しているのなら検討してみて欲しいですが、匂いにこだわりが強い方には、ちょっとオススメできない。

そんな感じです。

≫ 「パーウル ブラック&ダーク