【ピークエンドの法則】強烈な印象と終わり方が記憶に残るとする理論

心理理論

ピークエンドの法則とは

過去の経験を記憶する時、その出来事のピーク時の事と、その終わり方で判断する傾向があるという心理理論です。

とても嬉しかった、とても悲しかったなどのピーク時の記憶と、その出来事が心地よく終わったのか後味悪く終わったのかだけが過去の出来事における印象で、他の細やかな部分は抜け落ちてしまう。

タイトルとURLをコピーしました