【パーミッション】自分自身の心に許可を与える

パーミッションとは

パーミッションとは”許可を与える”という意味を持つ英単語であり、実際に、自分自身に許可を与えるというアプローチの事を意味しています。

パーミッションの具体的な説明

僕たちは自分の中にルールを持っています。
そのルールと照らし合わせながら、感じたり、考えたり、行動したりしています。

新しい事をはじめたい、今していることを辞めたい。

そのような時に、先ず自分の中にあるルールを緩めることから着手しましょう。
ルールを緩めるためには、ルールを変える許可を自分に何度も出しましょう。

そのために、「○○してもいい」という言葉で自己暗示にかけていきましょうというのが、パーミッションです。

パーミッションの使い道

新しいことを始める時、今していることを変える時、辞める時など、何らかの変化を起こしたい時すべてに対応できます。

例えば新しい事を始める時には「○○をしてもいい」と自分に言い続けることで、心の中にあるルールを修正していきます。

禁煙をしたい時には、「禁煙しても良い」と自分に言い続け、”たばこを吸わない”という選択肢を自分の中に作るイメージです。

パーミッションについてのまとめ

何かを変えるための行動を起こしてもそれが3日坊主に終わるのは、心が変化に抵抗しているから。

心が変化に抵抗したら、新しい行動はなかなか定着しない。

では、心が変化に抵抗せずに、変化を受け容れやすくするtまえにはどうすれば良いのか・・・という一つの答えが、パーミッションを与えるということ。

「○○してもいい」という許可を与える形の言葉を作り、自分自身に言い聞かせる。

そうすることで、心が変化を受け容れやすくなる。

タイトルとURLをコピーしました