プラスノートセミB5(6号)B罫30枚を購入したので感想メモ

生活

使い捨てレベルのノートが欲しい

もう書いて捨てる勢いで書けるノートが欲しい!

何かいいモノは無いかな・・・と思い色々と調べてみると、ひたすら安いノート「プラス ノート」を見つけたので、それを購入した。

使ってみた感想を書かせて頂きます。

スポンサーリンク

プラス ノート セミについて

プラス ノート セミB5(6号) B罫30枚の概要

amazonより引用です

  • さまざまな用途に使えるベーシックタイプ。
  • ノートの定番セミB5:学習用のおなじみのサイズ。
  • B罫6mm:一般的に多く使われていて1行あけて書くことが多いタイプ。

プラス ノートを使ってみたマトリクス的感想

プラスノートを使ってみて、数冊使い潰しみた感想をマトリクス的にまとめるとこうなります。

 

商品として使ってみて
良かった点とにかく安い!特に不便はない
悪かった点紙質が滑りやすい紙が薄いので裏映りする

 

僕が使ってみて感じているのは、このような感想です。

ノートとしての機能は充分果たしていますし、目的は達成できますので全く問題がありませんが、各ポイントについてちょっとだけ詳しく書かせて頂きます。

 

紙が薄いので裏映り感がある

一枚ごとの紙が薄いように感じます。

そのためボールペンで強く書いた場合は、裏面にシッカリと文字の跡が残ります。
また、裏にやや透ける感じがあります。

メモ的に活用するぶんには全く支障がありませんが、そういうのはちょっと気になるな・・・という方には不向きのノートです。

紙が滑りやすい

紙がややツルッとした感じがあります。
そのため、書きやすいと感じる時もあれば、滑りが良い事でなぜかイライラする事もあります。

この辺りは好みの問題だと思うけど、僕はシッカリとした書き心地が好きなので、雑に書く時用という印象に落ち着きます。

価格的には大満足

10冊セットで300円代、1冊あたり30円代という非常に格安なので、使い捨てとしてガシガシ使う上では非常にコスパが優秀。

保管用として使うには品質的にやや心もとないので、日記などの何度も開いて閉じてを繰り返すノートをお求めなら、もう少し高めのノートが絶対的に良いと思います。

プラス ノートを落書き帳的に使い続けてます

メモ用ノートとしては最適です。

考えていることをただ書くためのノートとして、まとまってない考えをとりあえず書き出すための場所として最適なノートです。

ノートに書いて考えるタイプの僕には、こういうノートの存在は本当に助かりますし、助かってます。

モヤモヤするのでとりあえず書いて吐き出したい!(愚痴や悪口などを)というあなたには、同じような使い方をしている僕からもオススメします。