【投影】抑え込んだ感情を外の世界を通して感じる

投影とは

自分の心の中にある感情や欲望を、他人の中に見出してしまうという理論です。

自分が気になる相手が居るとします。
でも、自分が相手を気にしていることを抑え込もうとすると、その抑制の反動として、相手が自分を好きに違いないという置き換えが生じます。これが投影です。

人に対してだけではなく、曇り空を見て「寂しい空だな・・・」と思ったりすることも投影です。

寂しいという気持ちを抑え込んでいるので、その抑えこんだ気持ちが空に投影されて曇り空を寂しいと感じるのです。

投影を通して抑え込んでいる感情を知る事ができますので、心理カウンセリングなどでは多く用いられます。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
たけしん
タイトルとURLをコピーしました