【心理的リアクタンス】自由を制限されると自由を回復したいと思う

心理的リアクタンスとは

「自由を制限されると、その自由を取り戻したいと激しく抵抗し、自由を回復しようとする」

このような心理現象のことを「心理的リアクタンス」と言います。

例えば「このイチゴ、食べたらダメだよ」と小さな子に言うと、高確率で食べてしまいます。

それは言う事を聞かない子だからではなく、自由を制限して禁止されたために、そちらに意識が向かってしまい、自由を取り戻すために”食べる”という行為が必要だったのです。

カリギュラ効果もこの心理的リアクタンスに属します。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
たけしん
タイトルとURLをコピーしました