失恋から心理カウンセリングを受けた体験談

心理カウンセリング

心理カウンセリングを利用する

不慣れな事をする時にはいつも緊張するのは当然で、僕も始めて心理カウンセリングを利用した時にはとても緊張しました。

どこが良いのかわからない、ただ話を聞いてもらえるだけなのだとしたら、それはそれでいっか・・・そんな軽い気持ちと、こんな相談をしてもいいのだろうか?という気遣い半分でモヤモヤしたいたのを覚えています。

そんな僕の心理カウンセリングの体験談を書かせて頂きます。

スポンサーリンク

心理カウンセリングを利用体験談

心理カウンセリングを受けてみた率直な感想は、1人で抱えていなくて良かったということ。

ただそれはひと段落ついた今だから言えることなのかもしれません。
当時はスグに解決しない事にイライラしたものです。

そのイライラも結局は自分の中にある問題が起因になっていると気付くまで、僕の場合は少し時間がかかりました。

失恋の落ち込みから抜け出したい一心でした

僕が心理カウンセリングを受けるキッカケとなったのは失恋でした。

今までは失恋をしたとしてもただただ耐えるだけ。
耐えて耐えて時間が経つのを待つか、スグに次の恋人を見つけて気分を変えるのか。

それしかなかったのですが、あまりにも落ち込んでいる僕を見て友人が「一度カウンセリング受けてみたら?相当ヤバいぞ・・・」という一言が妙に引っかかり、カウンセリングでラクになるのなら一度受けてみるか・・・と思ったのがキッカケでした。

その友人自身が、心を病んだ経験があり、カウンセリングを受けた経験があるからこそ、僕に響いたのだと思います。

カウンセリングで楽になるという経験

友人の「カウンセリングを受けてみたら?」という一言をキッカケに、早速ネットであれこれと検索。出てくる出てくる、色々なカウンセラーが。

公式サイト、ブログ・・・探せば探すほど混乱してしまいそうなぐらいに出てくるそれらを、ひとしきり読み漁りました。

様々な記事を読めば読むほど、「あれ?これはもしかして、今の俺に必要なのかもな・・・」と感じてくる。

よし、これは一度試してみよう・・・と、無料で利用できる電話カウンセリングを利用して見ることにしました。

とある心理カウンセリングサービスに「早めに予約を取れる先生をお願いします!」と電話でのカウンセリングの予約をする。

その予約時間が来るまでに、自分の言いたい事をまとめて、時間ピッタリに電話をする。相手は女性カウンセラー。自分の状況と思っている事を話す。

すると、僕の心の状態を的確に言葉にして説明してくれる。

「・・・すごいですね。よくわかりますね」と感心しきりの言葉が口をついてでるのですが、同時に、気持ちが少し楽になるという感覚も味わいました。

理解してくれる人がいるのか・・・
俺は変な人だから、誰も理解されないと思っていた・・・って。

そんなふうにカウンセリングに感動した僕は、予算の許す範囲で色々な電話カウンセリングを試してみよう!と思い、あれこれと電話をしてみました。

その中で、カウンセリングの先生によっては、「良いと思って試したけど・・・違うな・・・」と相性が合わない事もあるという事も身を持って実感しました。

そして同時にこうも思いました。

先生を変えるたびに毎回毎回自分の状況を説明しているだけで、何も進展してないな・・・と

返ってくる答えはたいてい同じで、そこから解決に向けての一歩目のヒントは教えてもらうけど、二歩目は聞く事はできない。

同じ先生と向き合いながら進めるしかないんだな・・・と。

そこで、今まで話した先生の中から、「この先生よかったな・・・」と思う女性カウンセラーさんに、本格的にカウンセリングをお願いしよう!と決断しました。

心の中の問題と親の関係

女性カウンセラーさんは、失恋の傷についてこういう事を仰いっていたのが引っかかっていたのです。

あなたが母親から受けた傷と失恋の傷が似ていて、母親に捨てられたような感覚に近いものがあると思いますよ。

細かい言葉は覚えていないのですが、つまりは、母親との関係が上手くいってないでしょ?とのこと。

図星でした。

そこが失恋と同時に感覚的に蘇ってきていると思いますから、母親との関係性を見直すというプロセスを経ると、傷は癒えるし、心の器が広がりますよ、と。

当時「母親との関係性を見直すって、なんか嫌だな・・・」と思っていたので、つまりはカウンセリングの先生が言っている事が当たっているという事でもあります。

ただ、その関係性を見直す方法は、直接向き合わなくてもイメージの中で進める事もできるよって事なので、勇気を出して母親との関係性に向き合う事にしました。

アダルトチルドレンと仲良くする

心理学系の記事を読んだりした方なら聞いた事はあるかもしれませんが、いわゆるアダルトチルドレンの傾向が当時の僕にはあり、それが恋愛の中でも姿を現します。

母親から貰えなかった愛情を恋人から貰おうとする。

心が母親と恋人を同一視しているので、恋人は母親代わりと思っている部分もあり、だから恋愛の別れが肉親との別れに近いような苦痛を伴うというもの。

その心を先ず受け止めてあげて、少しずつ自分自身で癒していきましょうというアプローチを取ることになりました。

感情との接し方を学び実践する

僕の場合ではありますが、心の中にある愛情に飢えたもう一人の子供の頃の自分(インナーチャイルドって言うそうです)との向き合い方を学ぶ事から始めました。

慣れないうちは違和感しかありません。
今までした事が無いし、そうすることは避けてきたことだし。

その違和感をカウンセラーさんに伝え、OKを貰ったり、もっとゆっくりで良いですよ!とペースの調整をしてもらいながら、少しずつ自分の心との向き合い方を習得していきました。

そして。

今までは失恋の傷には蓋をして、他の人で埋めようとしていましたが、傷に向き合って自分で手当てをしていくという方法を学ぶことで感じ方に変化が生まれ始めました。

結果、別人のような自分になりました!って事はありませんし、そうなる事が心理カウンセリングのゴールじゃないと僕は解釈しています。

楽になったし、自分で言うのもなんですが、以前の自分よりも魅力的な自分になったとは思っています。

そして、心理カウンセラーは、自分の心を手当てする習慣を身に着けるアドバイザーでもあり、さらに心を成長させたい時にコツや方法を教えてくれるトレーナーでもある。

僕はそう結論付けています。

そもそもの問題はどうなったのか

失恋の傷はすっかり癒え、そして母親との関係性も以前の感覚とは変わりました。

縁を切ったという事ではなく、自分と母親は別人という線引きが上手くできるようになったと思っています。

逆にいえば、母親の顔色に怯えている自分が居たのです。
それはなぜか・・・という部分を自分なりに整理し、折り合いをつけ、傷を癒し・・・というプロセスを経て今に至っています。

以前よりは楽になりました。
100だったものが、50や40に減ったような感覚という感じです。

心理カウンセリングの体験まとめ

僕の一個人の心理カウンセリングの体験をまとめて書かせて頂きました。

随分駆け足で、色々と端折って書いたな・・・と思っていますが、概要としては、ここまで書かせて頂いたとおりです。

失恋で凹み、その心の傷をカウンセリングの先生に相談してみる。

そうすると、その失恋は母親との関係が影響しているかもね・・・という、失恋直後の自分にはなかった視点で問題の根元を教えてもらった。

同じ苦しみを繰り返したくないので、その心の問題をどう向き合えばいいのかをカウンセリングの先生から教わりながら、少しずつ習得していった。

その結果、以前よりも心に向き合うのが上手い自分になったな・・・と思える所にまできましたし、母親との関係性も以前よりもよくなりました。

完全に吹っ切れたとか、ゼロになった!という事ではなく、楽になりました。言葉にするのが難しいですね・・・笑

ただ、総じて、心理カウンセリングを受けて良かったと僕は思っています。

だからこそ、心理カウンセリングを受けたいな・・・と思うのなら、一度受けてみたらどうだろう?というのが僕の想いです。

そんな想いと体験から得た知識を踏まえて、心理カウンセリングの選び方をまとめてましので、そちらも併せて参考の1つとして頂けると嬉しい限りです。

心理カウンセリングの選び方
心理カウンセラーさんのカウンセリングを受けたい でも、どこでどのようにして受ければいいのだろうか・・・。 色々な心理カウンセリングがあるみたいだし、どれもこれも良さそうに見える。できれば合わないカウンセリングは避けたいけど、でも、そ...