後悔という感情

感情
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

後悔とは

過去を振り返って、したかったのにしなかったことや出来たのにできなかった事、また、してしまった事や出来なかったことなど、失敗という結果に終わった事を悔やんでいる状態の事を指し、その時に感じている感情を後悔と言います。

後悔という感情がある理由

後悔という感情が教えているのは、「本当の自分は・・・」ということ。

本当の自分はそれがしたかった、本当の自分はそれが出来たのかもしれない。
本当の自分はそれをするには未熟だった・・・などの、本当の自分の姿を教えている。

後悔と言う感情が発生する条件

願望と行動の不一致を起こした時に発生しやすい。

例として・・・

  • したいけど、しなかった
  • したくないけど、してしまった

などなど。

後悔という感情についてのまとめ

自身の願望と行動の不一致が起きた時に芽生える感情が”後悔”。
その心理状態は「本当は」という言葉によって説明できることが多い。

  • 本当はそれがしたかった
  • 本当はしたくなかった

本当の自分が思っている事と行動の不一致が起きた時に後悔が芽生える。見方を変えると、本当の自分が望んでいる事を教えるために後悔という感情が存在している。

タイトルとURLをコピーしました