人間関係は人生に大きな影響を与えているから知っておきたいある1つの事

管理人ブログ

人生を変える。

そのためには人間関係を変えるほうが良いというはよくあるライフハックの一つ。

実際僕の周りで人生を大きく変えた人は、どこかのタイミングで人間関係を丸ごとガラッと変えていたりします。

人生を変える事と、人間関係を変える事はセットになっているように感じるのです。

ただ、人生を変えるとは人間関係を断つことなのかとなると、半分正解といいますが、答えとしては不完全だな・・・と最近よく思います。

正しくは、人生を変えるには人間関係を断つことと構築することをワンセットでできる事が大切なんじゃないかな?と最近よく思います。

自分磨きをして自分を変えても、自分のスキルや知識を高めても、それを認められる人間関係が周囲にないなら、人生は何も変わりません。

だから、人生を変えるための人間関係との向き合い方が大切なんじゃないかな?と。

そんな事をつらつらと書いていきたいと思います。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

人間関係が人生に影響を与える3つの理由

人間関係が人生に影響を与える理由として、一般的には次のようなものがあります。

一言でまとめると、人間関係によって状況の質が変わるので、人間関係が大切だよという事がよく言われています。

だから人間関係を断つことで人生を変えることができるし、人間関係を構築することも人生を変えることにつながります。

他人の影響を受ける

人間は他人の影響を受ける生き物です。

朱に交われば赤くなるということわざもありますように、付き合う人間の影響をモロに受けますから、人間関係はそのまま人生に大きな影響を与えます。

類は友を呼ぶ

自分と似た人といて安心感を抱くのが人間ですので、似たもの同士が人間関係を築く傾向にあります。

そのため、似た者同士で人間関係を構築して、その人間関係が固定化すると人生も固定化する傾向があります。自分を否定する材料、変えなくてはいけない理由がなくなっていくためです。

これも人間関係が固定化する理由です。

与えあえるなら豊かになる

人間関係の中で与えあえる関係性を構築できていれば、時間とともにどんどん豊かさを獲得し、実り多い人生になることが期待できます。

簡単に言えば、感謝出来て恩返しの行動が起こせる人に囲まれていると、他人のために尽くすことでどんどん豊かになっていきます。

豊かな人生を歩む上での大原則とも言えます。

人間関係を新構築することが人生を変える上で大切な理由

人間関係が人生に与える影響は確かに大きいな・・・と最近よく思うのは、先ほどあげたような人生の質を左右するようなポイントがあるためです。

加えて思うのは、人生を変えるには、人間関係を断つことも大切ですが、その後、新しく関係性を構築することも同じぐらい大切だよということです。

人間関係を手放すことで、人間関係による悪影響を減らすことができるのは確かなのですが、同時に人間関係が持っているメリットも手放してしまっているからです。

質の悪い人間関係を手放すことは人生を上昇させる上で不可欠ですが、同時に、人間関係が普遍的に持つメリットも手放してしまうので、新しい関係性を構築することも忘れないことがとっても大切なのです。

自分自身の変化が伝わらない

自分自身の内面にしろ、外見にしろ、何かの変化が起きれば人生は変わると思われがちですが、僕はその変化だけでは人生は変わらないと思います。

自分自身の変化に気づいた人が居るからこそ、人生は変わるんじゃないかな?と思っています。

極論、無人島で自分の内面を磨いたところで、自分自身の人生に何も変化は訪れません。

それと同じで、人間関係を断ち切った状態の中に居ると、自分自身の変化は誰にも伝わらず、人生に何の変化も起きないな・・・と思っています。

チャンスも何も訪れない

人間関係を断ち切った状態の中にあると、どれだけ頑張って自分を磨こうが人生に何も変化が起きないな・・・と思っています。

それはつまり、自分の人生を変えるチャンスも訪れにくくなるという事も意味しています。

人がチャンスを持ってくるので、運の良しあしは人付き合いが左右すると言います。
チャンスを人間が運ぶから、運というんだよ、と。

その運の総量が減ることを意味しますので、人間関係が減ると人生の質はそこで固定化されるか、更に悪化することになります。

つまり・・・

人生を変えるためには、人間関係を断つという決断と行動はすごく重要だと思います。

例えば、離婚でもそうですし、転職でもそうです。
この関係性の中に居ては人生が疲弊していくと感じたのなら、そこから飛び出す、その関係性と距離を置く決断は重要だと思います。

まずはそこが重要です。
ただ、その後、そこから新しい人間関係を構築するための決断をしないと、人生がそこで止まる可能性があります。

離婚したのなら、そこから新しい出会いを求めないのなら、シングルとして生きていくことになります。それでOKなのだとしたら問題はありませんが、パートナーがいてほしいと願うなら、そういう出会いがある関係性の中に自分を置くことは不可欠です。

人生と人間関係は密な関係性がありますので、望まない関係性を断つことで人生のネガティブな要素を減らすこともできますが、同時に人間関係のプラスの要素も多少なりとも断ち切っています。

だから、断ち切ったままにしていると、状況が更に悪化することがあります。
そのため、どこかのタイミングで新しい関係性の中に身を置く一歩を踏み出す決断も不可欠です。

人生を変えたいと思っていて、そのために人間関係を断ち切りたい、変えたいと思うのなら、同時に、人生をより良くするためには、新しい関係性を作るための行動も大切だという事は知っておいてほしいな・・・と思います。

もちろん、そのためにできることがあるのなら、今すぐにスタートさせてみてもいいんじゃないかな?と思います。

タイトルとURLをコピーしました