【リンゲルマン効果】人数が増えると手を抜きたくなる心理

心理理論

リンゲルマン効果とは

「社会的手抜き」という意味を持つのがリンゲルマン効果です。

それに携わる人の数が増えると、少々の手抜きをしてもわからないかな・・・と考え、手抜きをしてやろうと思うようになる心理を意味しています。

社会的怠惰とも呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました