悲しいという感情

感情
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

悲しみとは

何かを失った事による喪失感を”悲しみ”として表現されるます。

悲しみが湧きあがるキッカケ

悲しいという感情が湧きあがるキッカケとして「喪失」があります。

例えば、恋人を失うことによる悲しさ。
信用を失くすことによる悲しさなど。

喪失がキッカケとなって湧き上がる感情です。

悲しいという感情がある理由

悲しいという感情の持つ役目は、様々なネガティブな感情と同じく、同じ経験を味合わないようにするために存在しています。

また悲しい思いをしないようにするには、どうすればいいのか。
そう考える原動力として存在しています。

失恋をして悲しい思いをしたのなら、同じような失恋を繰り返さないようにするにはどうすればいいのかと思いを至らせるために”悲しい”という感情が存在しています。

悲しさが繋がりを生む

悲しいという感情は、味わいたくないネガティブな感情の1つです。

しかし、悲しいという感情があるからこそ、人とのつながりを育むことができるという一面もあります。

例えば、悲しいという感情を知っているから、誰かの悲しみを理解できます。
だから寄り添う事ができたり、励ますこともできます。

悲しみは喪失による芽生える感情です。

人生の中では「別れ」という名の喪失を避ける事ができません。
誰しもが悲しさを味わいます。

その時に1人で耐えるのではなく、多くの人が支え、ともに喪失感を乗り越えられるように手助けしてくれるのは、悲しいという感情が全ての人に備わっているからです。

悲しさがあるから、優しくなれるのです。

感情
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
スポンサーリンク
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました