【スケーリングクエスチョン】感覚的な事を数値化して客観性を持たせる技術

スケーリング(スケーリングクエスチョン)とは

心などの目に見えないモノは、その強さ、大きさを客観的に見ることがとても難しいという特徴を持っています。

「とても悲しい」という感覚を感じているが、それがどの程度なのかは見えませんが、それを数値で表現してみるという考え方がスケーリング(クエスチョン)です。

その悲しさを10段階で表現すると、どの程度なのか。

その10段階は主観的な感覚でしかありませんが、「この悲しさは6程度かな・・・」と思えると、過去にもっと悲しい経験をしたが乗り越えた今があるということが心の支えになることがあります。

「なぜ10ではなく、6なのか?」という問いに対して出てくる答えが、前向きにさせてくれます。

タイトルとURLをコピーしました