【セルフ・ハンディキャッピング】失敗の予防線を張ろうとする心理現象

心理理論

セルフ・ハンディキャッピングとは

挑戦が失敗した時の言い訳となりうる行動を取る事をセルフ・ハンディキャッピングと言います。

例えば、テスト前に遊びに行く。

これはテストで望ましくない結果が出たとしても、その原因は遊びに行ったからであって、本気を出していれば望む結果が得られたはずだと言い訳するためのセルフ・ハンディキャッピングという見方です。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました