白髪染めトリートメントの効果

白髪トリートメント

髪や頭皮にダメージを与えたくない

・・・でも白髪を染めたい

そのような思いを持っている方の中で、特に頭皮や髪を清潔に保ちたいという方が愛用しているのが白髪染めトリートメントです。

白髪染め剤での白髪染めほどギュッと染まる事はありませんが、自然な感じで、髪のツヤを大切にしながら上品に白髪を染められるアイテムとして大変人気があります。

そんな白髪染めトリートメントの特徴と、上手な選び方についてご案内させて頂きます。

スポンサーリンク

白髪染めトリートメントの効果

白髪染めトリートメントの特徴を簡単に言いますと、艶のある髪の毛を保ちながらキレイに白髪を染める事ができるという事です。

そんな白髪染めトリートメントのメリットとデメリットをギュッとまとめたマトリクスにすると以下のようになります。

デメリットメリット
商品としてシャンプーとの相性があるいつものトリートメントとして使える
効果・効能として色落ちが早い
パーマ・ヘアカラーと相性がわるい
艶のある髪になる
少しずつ自然に染まる
頭皮を傷めない

すこし詳しく紹介させて頂きます。

白髪染めトリートメントのメリット

艶のある髪の毛になる

白髪染めトリートメントの本来の目的はトリートメントです。

髪の毛をトリートメント剤でコーティングして、髪にツヤを与えて、若々しく健康な髪を保つ事が目的ですので、白髪染めトリートメントもキレイを創り出してくれます。

少しずつ自然に染まる

白髪染めトリートメントは、使えば使うほど自然な感じで白髪が染まっていきます。

トリートメントですので髪全体に馴染ませる事ができますので、全体が違和感なくキレイに染まっていきますし、少しずつ少しずつ変化していきますので、「染めました!」という雰囲気が出ません。

目立たず、しかし、確実に染めたい方にはオススメです。

髪や頭皮を傷めない

白髪染め剤での白髪染めは、髪の表面を破壊してから薬剤を染み込ませますので、どうしても髪や頭皮を痛めてしまいます。

しかし、白髪染めトリートメントは、髪を包むような感じでコーティングしていきますので、髪を傷める事はありませんし、頭皮にダメージを与える事はありません。

白髪染めトリートメントのデメリット

シャンプーとの相性がある

トリートメントを利用するのはシャンプーの後だという方が多いと思いますが、シャンプー剤によっては、相性が悪い事があります。

例えばシリコン系の成分が入っているシャンプーを利用していると、シリコンがトリートメントの浸透を邪魔してしまい、うまく染まりにくくなります。

普段使いしているシャンプーと相性のいい白髪染めトリートメントを選ぶ事が重要で、もし、相性のいい白髪染めトリートメントが無い場合は、白髪染めトリートメントの利用を諦めるという選択を取らなければいけない事もあります。

色落ちが早い

白髪染めトリートメントは、トリートメント剤に色がついていて、白髪をコーティングする事によって白髪を目立たなくさせるというメカニズムです。

白髪染め剤のように薬剤を髪の内部に染み込ませているわけではありませんので、時間と共にトリートメント剤が落ちてきて、スグに白髪が目立ちはじめる事があります。

パーマやヘアカラーとの相性が悪い

白髪染めトリートメントに含まれている色剤と、ヘアカラーやパーマ剤が混ざると、変色してしまう事があります。

利尻昆布を利用している白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーの場合、ヘアカラーをしようとしたら髪の毛が緑色に変色してしまったという事もあります。

パーマやヘアカラーを楽しみたいと思っている方は、白髪染めトリートメントは利用しないほうが良いかもしれません。

白髪染めトリートメントの効果まとめ

シッカリと髪と頭皮を清潔に保ちたいという方は、白髪染めトリートメントを使っている印象です。

僕たち男性の場合、白髪だけではなく薄毛という別の髪の悩みを持つ方も少なくありませんし、実際に僕は薄毛でも悩んでいます。

そして、薄毛を改善するためには、とにかく頭皮環境を清潔にしましょうと良く聞きます。

その観点から考えると、薄毛に悩む男性には、頭皮を清潔に保つ事ができる白髪染めトリートメントがベストチョイスなのかもしれません。

白髪トリートメントの選び方
白髪染めトリートメント剤 今は薬局や通販などで気軽に購入できます。 その白髪染めトリートメント剤の中には、大手メーカーが作ったものから、成分と効果の優秀さから口コミで圧倒的な支持を受けている人気のモノまで非常に多くの白髪染めトリ...