【スリーパー効果】信用できない情報も時間が経つと信じようとする

心理理論

スリーパー効果とは

信頼性の低い情報であっても、時間の経過とともにその情報を信じようとする変化が起きることをスリーパー効果と言います。

情報の信頼性に対しての記憶時間が、内容についての記憶時間よりも短いため、時間の経過とともに信頼性に対する情報を忘れてしまい、内容そのものを受け入れるようになるためだとされています。

タイトルとURLをコピーしました