【スリーパー効果】信用できない情報も時間が経つと信じようとする

スリーパー効果とは

信頼性の低い情報であっても、時間の経過とともにその情報を信じようとする変化が起きることをスリーパー効果と言います。

情報の信頼性に対しての記憶時間が、内容についての記憶時間よりも短いため、時間の経過とともに信頼性に対する情報を忘れてしまい、内容そのものを受け入れるようになるためだとされています。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
たけしん
タイトルとURLをコピーしました