【学生症候群】締切に余裕があると手を抜いてしまう

心理理論・心理テクニック

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

学生症候群とは

締切や納期までの時間的な余裕がある時に、その作業のペースが落ちて、結局締切ギリギリになって慌てて作業をするという心理現象です。

学生の夏休みの宿題などでみられる現象ですね。

タイトルとURLをコピーしました