【SWOT分析】自社の環境の分析を行うフレームワーク

マーケティング

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

SWOT分析とは

【第一段階】要素の洗い出し

  • Strength(自社の強み)
  • Weakness(自社の弱み)
  • Opportunity(市場の機会)
  • Threat(市場の脅威)

4つの要素を洗い出す。

【第二段階】掛け合わせ

Strength(自社の強み)Weakness(自社の弱み)
Opportunity(市場の機会)
Threat(市場の脅威)

要素をかけ合わせることで、自社の強みを生かせる機会や弱みが脅威になる状況を想定します。

SWOT分析の要点・ポイント

強みと弱みは表裏一体

強みと弱みは表と裏になっていることが多々ありますので、どう捉えるべきかわからないということがよくあります。SWOT分析を使う上では、その”表と裏、どちらを取る?”が決めきれずに悩むこともあります。

そういう時は”どちらにも書く”ほうがうまくいくようです。

SWOT分析のメリット・デメリット

SWOT分析のメリット

具体的な手段を見つけるのに役立つ

強みと機械の組み合わせなどの視点が、具体的な手段を見つけるうえで大きな手助けとなる。

SWOT分析のデメリット

抜けや漏れがでやすい

範囲が広く自由に発想できる分、漏れや抜けが出やすいという欠点があります。

参考書籍

タイトルとURLをコピーしました