不安という感情

不安という感情

そもそも不安とは

不安(ふあん、英語: anxiety, uneasiness)とは、心配に思ったり、恐怖を感じたりすること。または恐怖とも期待ともつかない、何か漠然として気味の悪い心的状態や、よくないことが起こるのではないかという感覚(予期不安)である。

不安 - Wikipedia

精神の病気から来る不安もある

精神の病気から来る不安もあります。

この記事で書いているのは、あくまで個人の日常的な不安の対処法であって、精神の病気から来る不安への対処法ではありませんので、そこはご留意ください。

 

自分の不安がどちらなのかわからないな・・・という時は、下記の厚生労働省のページをご覧いただくと分かりやすいと思いますので、よければご一読ください。

不安・緊張 ~気持ちが落ち着かない・どきどきしてこころ細い~|こんな症状ありませんか?|みんなのメンタルヘルス総合サイト

不安のメリット・存在意義

注意力を高める

不安になることで、周囲への警戒心や将来や未来への警戒心を高めることができます。

そして、その警戒心があるからこそ、理論的な思考を用いて、より合理的で効果的な判断を行うことができ、よりより結果を導くこともできます。

判断力を高める

不安により警戒心が高まることで、その事象に対して集中することができます。

例えば、真っ暗な路地などで音が聞こえたら、その音は何か、どういうことを意味しているのかなどを総合的に考えて、自身の身の安全に繋がる行動を選択できるのは、不安により判断力が高まっているためです。

「不安でいること」がもたらす意外なメリット

不安に関する記事一覧

タイトルとURLをコピーしました