嫉妬という感情

嫉妬という感情

嫉妬とは

他者を見て「悔しい」という想いを抱く事を”嫉妬”といいます。

嫉妬は単独での感情ではなく、複数の感情がミックスされている感情と言われています。
主に、「怒り」「不安」「悲しみ」の3つがミックスされ、時々そこに「羞恥」が入ることがあります。

嫉妬という感情がある理由

独占するため

嫉妬は独占するために湧き上がる感情とされています。

嫉妬という感情が湧きあがる理由の1つが、パートナーを独占するためです。
パートナーの独占が阻害されそうになると、嫉妬という不快な感情を湧きあがります。

その嫉妬感情を沈め、そして、もう湧きあがらせないためにパートナーとの関係を確かなものにし続けていく努力をするようになる。

そんな仕組みの一部として用意された感情です。

嫉妬に関する記事

タイトルとURLをコピーしました