恐怖という感情

恐怖という感情

恐怖とは

”怖い”と感じる感覚のことを恐怖と言います。

恐怖という感情がある理由

未知への察知

恐怖には、危険を察知して、損害を最小限に抑えるための準備行動を取らせるという役割があります。

これは人間が狩猟時代を生き延びるために最も重要だだった能力です。

暗闇の中にいる獣に注意を配すためには、恐怖という感情が不可欠でした。
また恐怖を感じることによって、その恐怖の対象となる獣の襲撃に備える事ができます。

ところが現代は未知の生物が暗闇から襲ってくるなどの危険はありません。
代わって、文化や技術によって生まれたモノから派生する恐怖を抱くようになりました。

高所であるとか、高速であるなどです。

恐怖に関する記事

タイトルとURLをコピーしました