羞恥という感情

羞恥という感情

羞恥とは

羞恥とは、”はずかしい”と感じる感情のことを意味しています。

羞恥が湧きあがるキッカケ

羞恥という感情は、”他とは違う”と察知した瞬間に湧き上がります。

多くの人が読める漢字を、自分だけが間違えて読んでいたなどの、自分だけが違うという時に恥ずかしいという感情がよぎります。

他にも自分だけがルールから外れているであったり、競争力が劣る、性的魅力に劣るということにも恥ずかしいという感情がよぎります。

羞恥という感情がある理由

周囲の注目を緩めるため

「恥ずかしい」という感情、いわゆる羞恥心がなぜ備わっているのか。
1つは、周囲の注目を緩めるためです。

顔を赤らめて恥ずかしいと感じる感情を表に出している人を見ると、その状況を変えてあげようと周囲が計らいます。

そのような自身への関心を緩めるために存在している感情でもあります。

繰り返さないため

1つは、同じことを繰り返さないためです。

恥ずかしいと感じた。
もうあんな恥ずかしい思いはしたくない、だから、今後は気をつけよう。

そう意識することによって、周囲と調和のとれた行動を取るようになります。

羞恥に関する記事

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました