羨望という感情

羨望という感情

羨望とは

自分に持ってない資質や才能、または特別な権力などを他者が持っていると気付いた時に感じる、苛立ちと憎しみが交り合った感情の事を指します。

なぜ羨望という感情があるのか

共同体の利益

なぜ、羨望という感情を抱くように人間が設計されているのか。

それは、羨望という感情を抱いた対象に自身もなろうとすることが、共同体としての利益になるためだと言われています。

例えば、お金を稼ぐ男がモテている姿に羨望の感情を抱き、自分もそうなろうとして努力して成長していくことは、共同体全体で見た場合、もう一人、稼げる男が誕生して共同体が豊かになるという事を意味しています。

共同体の発展のためには、羨望という感情はとても大きな意味を持っています。

羨望という感情に関する記事

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました