【アンカーリング効果】先に与えられた情報による判断の歪み

【アンカーリング効果】先に与えられた情報による判断の歪み

アンカーリング効果とは

先に与えられた情報に判断が引っ張られる現象の事をアンカリング効果と言います。

先に与えられた情報が船の錨のような役目を担っている事から、そのようなネーミングが採用されています。

アンカーリング効果の具体的な説明

商品の多くには定価が設定されています。
しかし、実際に店頭で販売される価格は、定価よりも安く設定されている事が多くあります。

そして、定価よりも売価はかなりお得に設定されている!と感じれば、購買へと傾くはずです。

この場合、定価がアンカーの役割を担っています。

定価という基準がある事により売価のお得感を判断できたのですが、そもそもその定価が妥当なのかどうかを検証していません。

つまり、認知に歪みが起きているという見方もできます。

アンカーリング効果の使い道

先に情報を与えて、後の情報とのギャップを生み出すという場面。

例えばビジネスでは、定価と売価と言った2つの価格情報によってアンカリング効果を生み出しやすくなっています。

恋愛などでは、第一印象とその後の印象のギャップによって評価が左右されます。

2種類以上の情報を与える事ができる場面、状況においては、アンカリング効果を発揮させやすくなっています。

アンカーリング効果に関する記事一覧

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました