【認知的不協和理論】解釈のモヤモヤを解消しようとする心理理論

【認知的不協和理論】解釈のモヤモヤを解消しようとする心理理論

認知的不協和理論とは

自分の中にある矛盾を解消したいとする衝動や行動を認知的不協和理論と言います。

「あの場面、なんでだろう・・・」というモヤモヤが残る心理状態です。

認知的不協和が発生する経緯

Aという事象に対して、複数の解釈ができます。
しかし、大抵の場合は最もなじみのある解釈を採用します。

例えば、知り合いに挨拶をしたが、挨拶が返ってこなかった。

知り合いがこちらに気付いてなかっただけかもしれません。
知り合いは何か考え事をしていたのかもしれません。

色々な解釈が考えられるのですが、そこで、「何か嫌われることをした?」と解釈してした。

そのモヤモヤを解消するために他の解釈を探したり、行動を起こすことを指す理論です。

認知的不協和理論の例

先ほどのあいさつの例も認知的不協和の例ではありますが、身近な所にある認知的不協和の例をいくつか紹介してみたいと思います。

喫煙者のタバコに対する認知的不協和

認知的不協和の例としてよく用いられるのが、タバコです。

喫煙者はタバコを害だと知っています。
でも、害があるとすると気持ちよくタバコを据えませんので、他の理由を探したりします。

例えば、「ストレス解消になる」とか「喫煙所での会話も大切だし」など。

タバコを吸う正当な理由を探して、タバコを吸う事のイライラやモヤモヤ、罪悪感を回避しようとするのも、認知的不協和理論の1つの事例です。

認知的不協和理論に関する記事一覧

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました