【マジカルナンバー7±2の法則】人間が一度に把握できる限界数

【マジカルナンバー7±2の法則】人間が一度に把握できる限界数

マジカルナンバー7±2の法則とは

人間が瞬間的に記憶できる数字は5つから9つであるという、人間の瞬間的な情報処理能力の平均ならびに限界を示している理論です。

アメリカの認知心理学者であるジョージ・ミラーにより1956年に提唱されました。

マジカルナンバー7±2の法則の注意点

マジカルナンバー4±1が現代の主流

2001年にミズーリ大学の心理学教授のネルソン・コーワン氏がマジカルナンバー7に異を唱え、正しいマジカルナンバーは4±1であると提唱し、現在はこれを主流とみる向きがあります。

マジカルナンバー7±2の法則を用いた事例

選んでほしい時は5つ以内の選択肢を提示する

何か選択肢を提示する時には、5つ以内の選択肢となるように提示することがポイントです。

あまりにも選択肢が多すぎると、短期記憶的に容量オーバーを起こしてしまい、選ぶことがストレスとなるためです。

この場で決めてほしい時は、選択肢を5つ以上用意しないことがポイントです。

「多い!」と感じさせる表現方法

マジカルナンバー7±1を利用する事例として、あえて7以上の数を提示するという方法もあります。

例えば、ある商品を使うことで得られるメリットを7つ以上列挙するようにするというのも、1つのコツです。

7つ以上あると、1つ1つの内容はおぼろげながらも、把握しきれないほど多くのメリットがある!という印象を残すことができて、お得感を演出できるためです。

マジカルナンバー7±2の法則に関する論文

日本語文と英語文における統語構造認識とマジカルナンバー7±2

日本語構文や英語構文での短期記憶で記憶できる数を検証したもの。

その結果、7±2の範囲内に落ち着くことがわかり、マジカルナンバー7±2で提唱している内容が正しいということが補強された。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jnlp1994/6/7/6_7_61/_pdf/-char/ja

マジカルナンバー7±2の法則に関する記事一覧

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました