【愛と怖れ】人間の根源的な2つの行動動機

【愛と怖れ】人間の根源的な2つの行動動機

愛と怖れについて

人間の行動の源泉となっているものは、愛と怖れであるという考え方があります。

感情的な動機が行動の理由になっていたとしても、その感情をさらに掘り進めていくと、それは必ず「愛」か「恐れ」に繋がっているというものです。

愛と怖れの提唱者

ドイツの心理学者であり精神学者でもあるエーリッヒ・フロムが、著書「愛するということ」の中で述べたことです。

愛と怖れの具体的な説明

エーリッヒ・フロムの提唱する、人間の行動の源泉となるのは「愛」か「恐れ」かのいずれかの動機に基づくものであるという考え方は、違う視点で述べた他の理論とも合致する点が多くあります。

例えば、怖れはニーズを生み出すという考え方があります。

「みすぼらしい恰好をしてバカにされたくない」と思うと、服装に気をつけたり、外出を控えたりするようになるかと思います。

この時、バカにされたくないという”怖れ”が、”良い服が欲しい”や”外出したくない”という欲望(ニーズ)を生み出しているという見方ができます。

そのため、心の中に怖れが多いほど欲望も多くなります。
その怖れを癒してくれるのは愛である。

だから、怖れから服が欲しいというニーズを抱いている方のために、服を作り提供することは愛の行動であるという見方ができます。

人間の全ての行動をそのようにひも解いていくと、愛か怖れによって成り立っているので、行動動機の源泉は「愛」か「恐れ」であるという考え方です。

愛と怖れに関する記事一覧

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました