【単純接触効果】何度も接触するほど好感度がアップする理論

【単純接触効果】何度も接触するほど好感度がアップする理論

単純接触効果とは

何度も何度も接点を持つほど、その対象に好印象を抱くという心理理論です。

発見者の名前を引用して”ザイアンス効果”とも言います。

単純接触効果の実用例

単純接触効果は非常に効果的であるため、色々な場面で活用されていたり、知らず知らずのうちに使われています。

恋愛の必須テクニックとして

何度もデートをしたり、頻繁に連絡を取り合う。
このような相手と何度も接点を持つ行動には単純接触効果が発揮されています。

例え何気ない連絡であっても、しないよりはしたほうがいいのです。
毎日毎日連絡をする。その接触の頻度に応じて好意は増していきます。

ビジネスの売上アップの秘策として

ビジネスでも単純接触効果はよく用いられています。

例えば広告。
企業は大金を払ってなぜ広告を打ちまくるのか・・・というと、自社製品を何度も目にしたり耳にしたりすることで、好感度が高まるためです。

好感度が高まると、それは売上へと繋がります。
単純接触効果こそがビジネスの要諦だと考える人も多く居ます。

単純接触効果に関する記事一覧

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました