【ウィンザー効果】第三者の間接的な情報を信じやすいという心理理論

【ウィンザー効果】第三者の間接的な情報を信じやすいという心理理論

ウィンザー効果とは

第三者からの間接的に伝わってくる言葉や評判のほうが、より信頼性や信憑性が増すという心理理論です。

”友達のジョン話法”と同じです。

直接的に伝えられると、どうしても構えて聞いてしまう部分があり、真偽を疑ってしまいます。

しかし、間接的に伝えられると、それを一旦受け入れざるを得ないというのがウィンザー効果ならびに友達のジョン話法の良さであり、怖さでもあります。

ウィンザー効果の例

日常生活の中でウィンザー効果が用いられている場面を紹介させて頂きます。

通信飲販売関係の広告文面

通信販売のCMや広告などでは、”利用者の声”が必ず紹介されます。

実際に使った人の感想を知りたいという購入予定の方のための情報ではありますが、一方でウィンザー効果を利用した、商品の良さのアピールの側面があります。

例えばamazonなどの通販サイトでは利用者のレビューが用意されています。

公平な買い物をしていただくための情報の提供であり、迷っている方の後押しとして用意されています。

好意は間接的に伝えられると意識する

恋愛において、ウィンザー効果は上手に活用してみてほしい心理理論の1つです。

好意が間接的に伝わると、その信ぴょう性が一気に高まります。
逆説的に言えば、直接伝えられると、嬉しい反面、少し疑ってしまう部分があるということでもあります。

だから、先ずは間接的に好意を伝えてみる。
そこから次の展開へと持っていくという恋愛セオリーがあります。

ウィンザー効果に関する記事一覧

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました