【マーケティングの4P】マーケティング活動を把握するためのフレームワーク

マーケティング

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

マーケティングの4Pとは

「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(流通)」「Promotion(広告・販促)」の4要素に分けて考えるフレームワーク。

自社のマーケティング活動の強みや弱みの発見(分析)。あるいは、マーケティング戦略(実施施策)の立案のために使われます。

要点・ポイント

  • SWOT分析の「強み」「弱み」に書き入れる要素ともなる。
  • 「package(パッケージ)」を加えた5Pとする場合もある。

マーケティングの4Pの要点・メリット・デメリット

マーケティングの4Pメリット

マーケティングの概略把握が簡単になる

マーケティング活動(実施施策)の概略を整理し、把握するのが容易になります。

マーケティングの4Pデメリット

現代のビジネスに合わせると抜けがある

「ブランド」「パッケージ」「アフターサービス」「営業(小売店に対する人的セールス)」「広報」など、現代において重要なマーケティングの要素が抜け落ちている。

「Productには、ブランド、パッケージ、アフターサービスを含める」「Promotionには営業活動を含める」といった運用上の注意も必要になります。

マーケティングの4P参考書籍

 

タイトルとURLをコピーしました