【権威への服従原理】権威や肩書のある人に対して盲信的になりやすい

心理理論・心理テクニック

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

権威への服従原理とは

権威のある人物、肩書のある人物に対して無条件で信用してしまう心理のことを言います。

ある業界では権威があったり、立派な肩書があるからといって全てが信頼に足るのかというと疑問符が出てくるのは考えればわかることなのですが、反射的に権威や肩書に対して信用しようとする心理が人間にはあります。

タイトルとURLをコピーしました