【アンダードッグ効果】弱くて負けそうだからこそ応援したくなる心理

心理理論

アンダードッグ効果とは

別名「負け犬効果」や「判官びいき効果」とも言われます。
それらの言われようから、アンダードッグ効果がどのようなものか察したつくかと思います。

負けそうだな・・・と思う側を応援したくなる心理の事をアンダードッグ効果と言います。

アンダードッグ効果が見られる場面

日常生活の中で見られるアンダードッグ効果をいくつか紹介したいと思います。
身近な例を知ると、「なるほど確かに!」と理解しやすくなるはずです。

負けそうなチーム・選手を応援してしまう

スポーツではアンダードッグ効果とみられる場面がよくあります。

例えば、高校野球。
”才能もない平凡な選手たちが集う公立高校”が奇跡の大躍進!

みたいな一文に僕たち弱いですよね?

これもアンダードッグ効果です。

不器用だけど真面目で一生懸命な人を応援したくなる

身近にいませんか?
また、過去に居ませんでしたか?

決して器用ではないが、真面目で素直で一生懸命な人って。

例えば恋愛で、「好きだから!」の想いのゴリ押し一辺倒で頑張ろうとするけど、なぜかどうもうまくいかなかったり。

このような不器用だけど真面目で頑張り屋さんな人を応援したいというのも、アンダードッグ効果です。

アンダードッグ効果の体験談

僕は場合、アンダードッグ効果を一番感じたのは弟でした。

もう亡くなってしまったのですが、自閉症気味な上に、身体も弱い弟でした。
でも、勉強だけは一生賢明で、夜遅くまで弟の部屋の机のライトがついていたのを今でも覚えています。

それだけ努力をしていても決して良い成績ではなかったのですが、生きるのに一生懸命でした。

兄と言う立場のひいき目もあるとは思います。
ただ、アンダードッグ効果について説明している時には、決して何かの才能があるわけじゃないけど、いつも一生懸命だった弟の事を思い出します。

心理理論
無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

メルマガ購読・解除
 

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

無料メールマガジンやっています!

最新記事をメールマガジンにて発行しております。
読み続けるだけで、生活を豊かにする心理学の知識があなたの中に蓄積されていきますよ。

上記にメールアドレスを入力して「送信」ボタンを押せば購読完了です!
購読無料ですので、是非ご遠慮なくお読みください。

ぜひフォローしてやってください
そこでこんな心理学が使えます
タイトルとURLをコピーしました