視線が気になる?薄毛になり始めた時から意識してみてほしい薄毛対策マインドマトリクス

美容

薄毛になったこと。
これほどショックな事は、人生の中でもそう多くはないと思っています。

  • バカにされるんだろうな・・・
  • 笑いのネタにされるんだろうな・・・
  • 陰口を言われるんだろうな・・・

色々と思います。

ではどうするのか・・・様々な薄毛対策がありますから、それに着手するのは当然としてです。

何よりも・・・自分自身が卑屈になってしまうと薄毛対策は苦しく辛い道のりになると思うのです。

薄毛になったものは仕方がありません。だから薄毛を対策する。これもOKです。
そこに悲壮感が漂うのは惨めです。

何よりも、薄毛対策が必ず成功する保証はありませんから。

だからこそ、長期的な目線に立って薄毛対策を自分自身の成長につなげるような考え方を取り入れてみてはどうだろう?と思うのです。

それが結果的に薄毛対策の成功にも繋がると思いますしね。

スポンサーリンク

男なら薄毛は欠点だと認識して当然

薄毛になった事で色々な事を脳裏によぎると思います。

恐らく、男性なら一番頭をよぎるのは「女性との縁がなくなる・・・」という思いなんじゃないかな?ということ。

実際に減りますしね。
ハゲてもモテる、禿げたからモテるなんて事はそう多くはありませんしね。

つまり薄毛は自分自身にとって欠点であるという事ですよね?

薄毛は自分にとって欠点だと思う。
この視点から始めてみる事が大切だと思うのです。

薄毛は欠点だと思うなら、欠点をどう思っているのか

薄毛を欠点だと思っていること。

それそのものを否定するつもりはありませんし、そう思っているのなら仕方がないと思うのです。

ただ、ここで「自分は欠点をどうしようとしているのか?」という所に想いを馳せてもて欲しいのです。

欠点が見つかった。
では、どうする?

そして、薄毛対策が功を奏さない事もあるのだから、そこに備えて今からできる事は無いのか。

そんな事を意識してみて欲しいな・・・と思うのです。

薄毛という欠点に対しての向き合い方マトリクス

薄毛と言う欠点を認識した。

その欠点を克服できればいいのですが、残念ながら欠点を克服できない事もあります。その時に備えて”薄毛を受け容れるマインド”というものを育ててみて欲しいな・・・と思うのです。

薄毛対策をする事で毛が生える事があります。これがベストです。

ベストなのですが、全て人がそうなるとは限りません。
対策をしても薄毛になってしまう事も当然あります。

そんな自分を自分で卑下するのではなくて、そうなったとしても、まだ俺はカッコいい、それでも俺の価値は大きく落ちてないぞ!と思えるためのマインドを作りましょうって事なのです。

それを分かりやすくするために簡単なマトリクス表を作ってみました。

薄毛対策が成功する薄毛対策が失敗する
カッコいい自分だと思う
ダサい自分だと思う

Aの位置を目指しませんか?という事なのです。

もし薄毛対策に失敗してしまっても、それはそれで俺はカッコいいと思えたとしたら、薄毛対策が成功してもカッコいいと思えますよね?

Aの位置を目指す事で、薄毛対策が成功しても失敗してもカッコいい自分だと思えるようになります。

ところが、です。

薄毛対策が成功したらカッコいいと思えるCの位置を目指したり、薄毛対策が失敗した自分なんて絶対イヤだというBの位置に居る限り、毎日が不安と恐怖の連続になります。

もし禿げたら・・・もし薄毛をバカにされたら・・・と怯えながら過ごす事になりますから、本当にダサい男になってしまいます。

だから、目指すべきはAの「薄毛になってしまってもカッコいい自分」を目指したほうが良いと思いませんか?って事なのです。

薄毛という欠点に向き合うマインドのマトリクス

僕はこう思っています。

薄毛への向き合い方は、そっくりそのまま自分自身への欠点への向き合い方なんじゃないかな?と思うのです。

欠点に対して、どうしているのか。
性格が現れると思います。

欠点を消そうとしたり、欠点を隠そうとしたり、克服しようとしたり、受け容れようとしたり。

色々な向き合い方があり、最も慣れ親しんだ方法で薄毛を扱うようになります。

これをマトリクス表にすると、こうなります。

ネガティブポジティブ
受け容れる諦める・拗ねるまあいっか
抵抗する隠す(カツラ)育毛・発毛に取り組む

ネガティブとポジティブという言葉は感覚的なものですので、決して善悪や優劣を表しているわけではないので、その点を先ずご了承ください。

その上で、薄毛に対してどういう向き合い方をするのか。

僕はポジティブな方向性の向き合い方をしてほしいと思うのです。

「まあいっか」と自分を受け容れつつ、育毛や発毛に頑張ってみる。そんな毎日を送ってみてほしいな・・・と。

ネガティブな方向性で薄毛と向き合っている姿を想像してみてください。

「どうせ俺なんて・・・」と拗ねつつ、でも、薄毛を隠そうと必死になり、人の目に怯えて・・・とダサいと思いませんか?

そんなダサい向き合い方をしていると、本当にダサい男になってしまい、本当にモテなくなります。

とりあえず、ベストは尽くしてみよう!それでもダメなら仕方がない!!

そんな感じで薄毛に向き合ってみて欲しいな・・・と思うのです。

ニュアンスは伝わりましたでしょうか?

薄毛を素材にした欠点克服マインドの育成

薄毛というものは欠点を超えて、欠陥だと思ってしまう事もあると思います。
僕もそうでしたし、今も思う事はあります。

夢の中で禿げた自分を鏡でみて、絶叫した事もあります。
だからこそ、そんな自分をダメな自分だと卑下したくなる気持ちも湧き上がります。

その自分を卑下する気持ちは自信を大きく奪っていますので、恋愛だけじゃなく、お金、仕事、友人と色々な部分に悪影響を与えます。

たかが薄毛かもしれませんが、されど薄毛です。
大きな欠点だと思うモノをどう取り扱うのかで、その後の人生が変わるとも思います。

だからこそ、薄毛との向き合い方をジックリ考えてみてほしいな・・・と思ってこの記事を書きました。

薄毛に対してどういうアプローチをするのか、という視点よりも、薄毛を含めて、自分は欠点にどう向き合うつもりなのか。

そして、どういう向き合い方をすれば今後の人生の糧となるのか。
そんな事を一度考えてみるキッカケになればな・・・なんて思っています。

薄毛対策は早いに越したことはない!

薄毛が進行しているのなら、もうそれは受け容れるしかありません。
その上で、どうしていくのが、です。

欠点も自分の一部なんだから薄毛をシッカリと克服していこう!と思われたとしたら、くれぐれも、適当な薄毛対策は傷を深くするのでオススメしません。

薄毛はどんどん進行していくのが普通です。
小さな欠点が、大きな欠点へと姿を変えていくのが薄毛の悲しいところなんです。

薄毛の対策方法には、必ずあなたなりに納得いくものを持ってください。

例えば・・・

  • 毎日対処を継続す

といったような、行動に焦点をあてた基準を作ると、その成功は自分次第です。
自分でコントロールできます。

薄毛を克服するという結果に焦点をあててしまうと、自分は何もできなかった・・・という残念感が残ってしまいます。

薄毛の対処方法は色々なものがあります。
あなたが良いと思ったものを選ぶのが重要ですが、成功率の高いものから低いものまでたくさんありますので、なるべく成功率の高いものを選ぶ事をオススメします。

自分は欠点に向き合って、しっかりと結果がでた」という成功体験は、あなたの大きな自信となり、色々な方面で良い影響を出します。

僕は薄毛対策としてAGA専門院の薬を服用するようにしています。
今は小遣いでも手が届く範囲で処方してくれますから。

薄毛対策選び1つで与える影響ははかりしれませんので、くれぐれも、そこだけは覚えておいてください。
薄毛対策に苦心している僕が、これから薄毛をどうにかしようと思っているあなたに贈りたいメッセージです。