したい事をすることが自分も他人も愛する事になる理由

したい事をする。
自分を愛するための基本の行動原理でもあります。

でも、「したい事をしよう」と意識すると、自分ってしたい事が全然できてないな・・・と思う事が増えませんか?

大丈夫です。
実はもうすでに、したい事をできています。

したい事ができているので、つまりあなたは既に自分を愛せていますよ。
そこに気付くと、次の段階へ行きやすくなります。

したい事をするとはどういう事なのか

「したい事をする」
これが自分を愛する事になると心理学界隈ではよく言います。

だから、したい事をしようね~と言います。

では、したい事とは何なのか。
これは、欲望や欲求のことを意味しています。

・お金持ちになりたい
・モテモテになりたい
・幸せになりたい

などなど、色々なしたいことがあると思います。

(え?全くない?
大丈夫ですよ!って事を今から書きますので、お付き合いください)

それらの”したい事”を叶えていきましょうよって事が、”したい事をする”です。

それが自分を愛するという事なんですよ~なのです。

ただ、欲望や欲求を満たすことが自分を愛する事だと言われてもな・・・

そう思ったりもしませんか?
何か違う気がしませんか?

自分勝手な気がするというか。

したい事をするとは欲望を満たすこと

「あなたの欲望を満たすこと」こそが、自分を大切にして、自分を愛する事なんですよ。
だから、どんどん欲望を満たしてください。

そう言われると、「え?いいの?」とか「でも、そんな事をすると周りに迷惑が・・・」とか、遠慮や気遣いの気持ちがむくむくと出てくると思います。

全然良いんです。OKです!

というか、もう実行しているはずです。
そして、幸せな気分を味わっているはずですよ。

例えば、ご飯を食べる。
空腹で、何かを食べたいという欲望を満たしてあげるということですよね?

その欲望を満たしてあげるために、ご飯を食べます。
満腹になったあなたは幸福感を味わっているのではないでしょうか?

眠たいので寝るのもそうですよね。
眠りたいという欲望を満たしてあげているという事ですよね。

眠りに落ちる瞬間や、タップリ眠った後の起床時は幸せな気分を味わえますよね?

欲望を満たすことが、自分を愛する事になっているということ。
なんとなく分かって貰えたのではないでしょうか?

自分の欲望を満たすことが誰かを満たす事になる事もある

欲望を満たすという事への抵抗感を持つ。
そう感じる人は少なくないと思います。

欲望を満たす事、欲求を満たすことのリスクに意識が向かうかもしれません。

気持ちはわかります。
そんなのは身勝手では?とか、ワガママになるのでは?とか。

気持ちはわかりますが、倫理から外れないようにしていれば何も問題はありません。

例えば。
寝たいからと言って、いつも寝てばかりいたらダメなんじゃないの?

寝たいなんて欲求を叶えようとしたらダメなんじゃないの?
そう感じたとしても、それは考え過ぎです。

寝たい時にちゃんと寝られるようにするにはどうすればいいのか?

”1日の時間の使い方を整えて、シッカリと寝る時間を確保する”という考えに行きつくと思います。

無駄を削って時間の使い方を整える。
誰かに負担や迷惑をかける事にはなりませんよね。

食べたいモノを食べたいだけ食べるのも同じです。
そうするためにはどうすれば良いのか。

「食べ物を買うためのお金を稼がなくてはいけない」となるのなら、仕事をするのが最も簡単な方法です。

では、仕事でお金を得るためには何が必要なのかというと、仕事で成果を出すこと。

仕事で成果を出すとはどういうことか。
1人でも多くのお客さんに喜んでもらえる何かをすること。

つまり、お客さんの欲望や欲求を満たすこと。

自分の欲求や欲望を満たそうとした結果、自分以外の人の欲望や欲求を満たすことにつながるのが”仕事”です。

欲を持つ事は良いことなんです。
その欲を満たそうと、考え、実行する事も良いことなんです。

欲を満たすことで自分自身が幸せを感じられるます。
あなたの欲を満たそうとしたことが、誰かの欲を満たす事になることもあります。

自分を愛そうとしたら、あなたも他の人も幸せになる。
そんな世界に僕たちは生きていると僕は思いますよ。

僕の欲望を叶えるためにあなたを満足させたい

僕は欲望や欲求を未来日記に書いています。

こういう未来になってほしいな・・・と思った事を、一度文字やイラストにしています。

その中の一つに、メールマガジンの読者が1万人!という欲望があります。

自分が頑張るための目標として掲げた数字です。
そこに到達するために僕がしなければいけない事は山のようにあります。

最低限、良質なメールマガジンを送らなければ実現できない目標です。

メルマガ読者1万人という目標を実現するためには、読者さんの「いい記事を読みたい」という欲望を満たす事が不可欠なんです。

僕の欲望を叶えようとして行動している事は、あなたの欲望を叶えたいという事でもあるという1つの例です。

欲望や欲求を持って、それを満たすために行動しても良いんです。

僕が読者数の目標という欲望を叶えるために、あなたに喜んでもらえる記事を書こうとする。

あなたが自身の欲望や欲求を満たすために、僕のメールマガジンを読もうとする。

お互いが欲望や欲求を満たそうとした行動が、相手の役に立っているという1つの例です。

欲望を満たそうとすれば愛される世界

自分を愛する。
それは自分の欲望を満たしてあげる事ですよ。

そんな事をお伝えしたくて、ここまで書いてきました。

欲望を満たしていいんですよ。
満たそうとしていいんです。

欲望を満たした時に「幸せだ」と感じるように僕たちは作られています。

おなか一杯食べた時。
たっぷり寝た時。
我慢していたトイレを済ませた時。

好きな人と一緒に居る時。

などなど・・・。

欲望を満たせた時に、幸せを実感できます。

自分自身の欲望を満たすためには、お金が必要になる場面が多くあります。

そのお金を得るためにする”仕事”。
その仕事とは、他人の欲望や欲求を満たしてあげるお手伝いに他なりません。

それは他人を愛するという事でもあります。
そんな世の中に僕たちは生きています。

よければ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました