【戦略とは】目的地と現在地を結ぶルート策定

戦略

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

戦略とは

現在地から目的地へ到達するための効果的な手段のことを指します。

限られたリソースと、自身の現在地と目的地の距離から、効率的に到達できるルートを構築できた場合を良い戦略と言い、目的地に到達できない、もしくは時間がかかりすぎるものは悪い戦略と言われる傾向にあります。

戦略のポイント

戦略は成長する

戦略は現在地と目的地の情報に大きく左右されます。
その情報の質と量が変化すると、戦略も必ず変化してくものです。

始めは稚拙な戦略であったとしても、情報が集まると共に戦略も成長していくので、完璧かつ完全な戦略を目指す必要はありません。

戦略が必要とされる理由

達成すべき目的がある

達成すべき目的を、達成するために何をどう取り組めばいいのかを方向付けるのが戦略の役目ですので、達成すべき目的があるというのが必須条件であり、戦略の存在意義でもあります。

資源が有限であるため

達成したい目的を達成するために使える資源には限りがある。その限りがある資源を無駄なく効果的に活用するための指針が不可欠であるため。

戦略があることの利点

資源を無駄遣いせずに済む

限られた資源(経営資源、時間など)を無駄遣いすることを減らすことができる。

逆に言えば、戦略がない場合、その道筋を策定することはできても、自社や自分自身にそのリソース(時間、技術、材料等々…)が不足していて達成できずに終わる確率が非常に高くなります。

経験値を得ることができる

目的が達成できない場合、戦略が失敗したことを意味する。しかし、その失敗は間違った戦略の建て方をしたことを教えてくれている。

失敗から学べば、次はより成功しやすい戦略を建てやすくなる。

意思決定に役立つ

意思決定に意味を持たせることができるようになります。

なんとなくの決断というものが減り、全てが目的に直結する決断を下すことができるようになり、結果、無駄が大きくなくなります。

一貫性と安定性が出る

戦略を土台にすることで、思考と行動に一貫性を持たせることができます。また、一貫性がありますので、結果も安定してくるというメリットがありまる。

情報に意味を持たせることができる

戦略を意識することにより、それに関連する情報に意味を持たせることができるようになります。

何気なく見る数字、ニュースであっても、それは戦略にどのような影響を与えるのかを常に考えることで、数字やニュースが記憶に残りやすくなり、より戦略立案の精度が上がるという好循環が起きます。

戦略の定義についての参考書籍

タイトルとURLをコピーしました