僕がマインドフルネス瞑想をする理由と目的

マインドフルネス瞑想
この記事は約3分で読めます。

マインドフルネス瞑想。

なぜそれを実践しようと思ったのか。
同じようにマインドフル瞑想を始めようとしている方の何かの参考になればと思い書かせていただきます。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

僕がマインドフルネス瞑想をする理由

大きな理由としては「自分の内面を成長させたい」という一言につきます。
マインドフル瞑想には、そうさせてくれるかもしれないと期待させてくれる次のような理由があるのです。

成功者が実践している

マインドフルネス瞑想を取り入れている有名人や成功者が多く、その数は少しずつ増えていると言われています。

今は、マインドフルネス瞑想を取り入れる企業も増えてきております。

成功していると言われる人物が積極的に取り入れるのだから、投下する時間以上の明確な効果があるということでもあると僕は捉えています。

スティーブ・ジョブス

アップルの創業者、スティーブ・ジョブス。

気難しい性格の持ち主としても有名な人ですが、仏教に深い興味や関心を持っている方でもあり、プライベートで京都に来られることもよくありました。

そのようなことから自然な流れとして、座禅や瞑想に興味を持ち取り入れられていたと思われます。

そして、あの独創的な発想や世界観、まさにマインドフルネスな状態であると言われると、確かにそうかもしれないな・・・と思う部分があります。

グーグル

検索エンジンで有名なグーグル社もマインドフルネス瞑想を社内研修の1つとして取り入れておられます。

グーグルがマインドフルネス瞑想を取り入れることになった背景は、その効果の科学的な裏付けが取れたこととリンクしていると書籍の中でも書かれています。

感情との上手な向き合い方の習得

内側の声を消すでもなく、抑え込むでもなく、上手に向き合っていく。
マインドフルネス瞑想の提唱する”今ここ”の感覚は、そのようなことを実現することも意味しています。

それはつまり、感情との付き合い方をマスターするということでもあり、感情に振り回されて後悔することが多い今の自分に必要なのではないか・・・と思い、取り入れてみようと思いました。

最後に

僕の中では、”感情との向き合い方”というのがマインドフルネス瞑想を行う大きな理由になっています。

今まで何度も感情に振り回され、中には今も後悔するようなこともあります。

だから感情を抑え込む練習をしていたりもしたのですが、そうすると、今度は生活や人生が無感動で無機質になってしまったので、これは違うな・・・と。

感情との上手な付き合い方を覚えなければいけなかったんだ・・・ってことに気づき、今マインドフルネス瞑想に取り組んでいます。

その途中経過や成果については、このブログやツイッターでも発信していますので、もしよければまたそちらも参考程度にご覧いただければな・・・と思います。

タイトルとURLをコピーしました