【ウィンザー効果】第三者の間接的な情報を信じやすいという心理理論

心理理論
この記事は約2分で読めます。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

ウィンザー効果とは

第三者からの間接的に伝わってくる言葉や評判のほうが、より信頼性や信憑性が増すという心理理論です。

”友達のジョン話法”と同じです。

直接的に伝えられると、どうしても構えて聞いてしまう部分があり、真偽を疑ってしまいます。

しかし、間接的に伝えられると、それを一旦受け入れざるを得ないというのがウィンザー効果ならびに友達のジョン話法の良さであり、怖さでもあります。

ウィンザー効果の例

日常生活の中でウィンザー効果が用いられている場面を紹介させて頂きます。

通信飲販売関係の広告文面

通信販売のCMや広告などでは、”利用者の声”が必ず紹介されます。

実際に使った人の感想を知りたいという購入予定の方のための情報ではありますが、一方でウィンザー効果を利用した、商品の良さのアピールの側面があります。

例えばamazonなどの通販サイトでは利用者のレビューが用意されています。

公平な買い物をしていただくための情報の提供であり、迷っている方の後押しとして用意されています。

好意は間接的に伝えられると意識する

恋愛において、ウィンザー効果は上手に活用してみてほしい心理理論の1つです。

好意が間接的に伝わると、その信ぴょう性が一気に高まります。
逆説的に言えば、直接伝えられると、嬉しい反面、少し疑ってしまう部分があるということでもあります。

だから、先ずは間接的に好意を伝えてみる。
そこから次の展開へと持っていくという恋愛セオリーがあります。

ウィンザー効果の体験談

僕自身がウィンザー効果を感じるのは、日常生活の中ではamazonでの買い物の際です。

使い慣れた商品のリピート購入時以外は、必ずといっていいほどレビューを確認します。

そして、レビューが好評なら買うようにしています。

ただ、最近はそのレビューにサクラ投稿が増えているようです。
良い評判だけを意図的に書き込んでいるレビューです。

前評判ほどじゃないな・・・という買い物だった時は、たいていそういうサクラのレビューに僕が踊らされた時です。

ウィンザー効果を悪用してモノを売ろうとする人がいる。

皮肉なもので、これもまたウィンザー効果が効果的である裏付けでもあります。

やはり最後は自分の体験、経験から来るものを信じる事が大切です。

心理理論
よければフォローしてやってください
このブログを運営している人

名前:たけし
年齢:40代半ば
性別:男

心理学が好きで独学であれこれ調べては日常の中で活用しています。

今はマインドフル瞑想を取り入れたくて実践し、その過程で感じたこと、学んだことを中心に発信しています。

よければフォローしてやってください
たけしんり
タイトルとURLをコピーしました