心理理論

【権威主義的パーソナリティ】権威者を無批判に受け入れる社会的性格

権威主義的パーソナリティとは 権力を持ったり、財力を持つなどの社会的強者や権威者の意見を無批判に受け入れ、社会的には少数派の意見や考え方を持つ人を憎む社会的性格の事を権威主義的パーソナリティと言います。
心理理論

【肯定的意図】すべての行動には何らかの意図が必ずある

肯定的意図とは 今あなたが取っている行動には、肯定的な意図がある。 その行動が悪い結果を導くものだとしても、なんらかの意図を持って行動しているという考え方です。 望まない結果がでる行動なのに、その行動には何らかの肯定的意図があると...
心理理論

【行動理論】すべての行動は学習によって生まれている

行動理論とは 「状況を悪化させる、または維持する状況やシステムは不適切な学習によって生まれる」 このような言葉で定義されている理論、行動理論。 それにふさわしくない状況は、学習(もしくは未学習)による行動によって生まれているの...
心理理論

【計画的偶発性理論】偶発的な要因を計画的に設計していこう

計画的偶発性理論とは 個人のキャリアのうち、8割は本人の予想しえない偶発的な要因によって決定されています。 その偶発的な要因を計画的に設計してキャリアを良いモノへと変えていこうとする考え方です。
心理理論

【決定回避の法則】選択肢が多すぎると決めきれない

決定回避の法則とは 選択肢が多くなると選びきることができず、何も選ばないという結論に至りやすい心理です。 小売店などでは、選べる商品が増えるほど選ぶ喜びを感じますが、あまりに増えすぎると決めることができずに逆に何も買わなくなるので、...
心理理論

【権威への服従原理】権威や肩書のある人に対して盲信的になりやすい

権威への服従原理とは 権威のある人物、肩書のある人物に対して無条件で信用してしまう心理のことを言います。 ある業界では権威があったり、立派な肩書があるからといって全てが信頼に足るのかというと疑問符が出てくるのは考えればわかることなの...
心理理論

【気分一致効果】気分と想起される記憶は一致する

気分一致効果とは 気分と想起される記憶は一致するという心理理論です。 自身の気分が良い時は良い記憶が想起されやすくなり、自分の気分が悪い時は悪い記憶が想起されやすくなるというものです。
心理理論

【偽の合意効果】自身の好みと周囲の好みは一致しているという錯覚

偽の合意効果とは 人間には、自分の考え方や感じ方と他人の考え方や感じ方は同じだと考える傾向があります。(投影) その傾向があるため、自分が同意していることに周囲も同意していると考えやすい傾向があるとするものです。
心理理論

【極端の回避性】極端な選択肢を嫌う

極端の回避性とは 複数の選択肢を与えられると、極端さを嫌って、真ん中の選択肢を選ぶ傾向があるとする心理理論です。 「上中下」「松竹梅」など商品に3段階の選択肢がある場合、質に疑問のある最下位は不安だし、最も価格が高い最上位はコスト面...
心理理論

【帰属理論】その原因を内側にあるとみなすか外側にあるとみなすか

帰属理論とは ある結果の原因を、何に求めるのかを理論化したものを帰属理論と言います。 ある結果の原因を人物の内面にある推論する「内的帰属」、人物の外面にあると推論する「外的帰属」の2つの帰属を無意識のうちに行っています。 人間...
タイトルとURLをコピーしました